BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑記
  4. 広島県尾道市・福山市で活動する映像制作事務所『Bears On Films』を設立しました!

広島県尾道市・福山市で活動する映像制作事務所『Bears On Films』を設立しました!

どーも、はじめまして!

このたび、広島県尾道市・福山市を拠点に活動する映像制作個人事務所『Bears On Films』を設立いたしました。

この記事では、『Bears On Films』ではどんなことが出来るのか、どんな仕事をしていきたいのか、について書いていきたいと思います。

Bears On Films』とは

Bears On Films』は、「映像で地方を盛り上げよう!」という考えで、広島県尾道市・福山市を拠点として2020年に立ち上げた映像制作個人事務所です。

Bears On Films』について

主な事業としては、YouTube動画制作(チャンネル運営代行プランあり)、企業や自治体やお店のPR動画制作などを行っております。

プロフィール

■柳田侑槻(ヤナギダユウキ)

■広島県福山市出身、在住

2015年からデジタル一眼レフで写真を始め、写真・カメラの楽しさに魅了されていく。

2016年よりフィルムカメラの魅力に目覚める。

2018年に写真・カメラに特化した個人ブログ【Local Finder】を発足。
月間約3万PV(アクセス)のメディアに育て上げる。

2019年には、YouTubeにも参入し動画での情報発信も開始。
YouTubeチャンネルはこちら➡

2020年、個人映像事務所『Bears On Films』を設立。

 

YouTube動画制作

今力を入れさせていただいているのは、YouTube動画制作です。

私自身も2019年にYouTubeを始め、現在は1000人以上の方にチャンネル登録していただいています。

YouTubeチャンネルはこちら

YouTube動画制作のお仕事としましては、広島県福山市にあるケーブル先端加工会社「株式会社 音光堂」様のYouTubeチャンネルの動画(撮影、編集、投稿、サムネイル作成)を制作させていただいております。

YouTubeはやったほうがいい??

2020年はYouTubeに参入する企業、個人の方がたくさん増えた年でもありました。

コロナの影響もあり、室内で撮影、編集して投稿できる、という性質も、この時期にYouTubeが盛り上がった理由でもあると思います。

そして、今後もこの波は続くと思います。

企業がYouTubeをやったほうがいい理由としては、自社のPRや商品のPRを行える点と、ファンを獲得しやすいという点があります。

動画は1分で、WEBページ3000ページ分の情報量があるといわれています。

それに加えて、チャンネル登録者数1000人、再生時間4000時間を超えると広告収益を得ることが出来るので、たくさん動画が再生されると収入の面でも貢献してくれます。

■自社のPR
■商品・サービスのPR
■採用でのPR
■ファン作り

このような利点があります。

 

確かに、YouTubeに投稿したからといって、すぐに視聴が増えたりチャンネル登録者が増えるのは難しいですが、地道に継続していくことで再生数や登録者が増えていきます。

もちろん、それに相応しい内容や編集、戦略、分析などが必要になります。

ターゲットをしっかりと絞り、目的を定めたうえで内容を企画し、動画を制作していくのがセオリーです。

 

Bears On Films』が出来ること

しかし、YouTubeチャンネルを運営していくのは大変でもあります。

私自身、約1年間YouTubeチャンネルを運営して実感しているのは、継続するのが大変だということです。

■企画
■台本制作
■撮影
■編集
■サムネイル作成
■投稿

YouTube動画を1本制作するのに、これだけの工程が必要になります。

これをやりながら、月に5本~10本の動画を投稿していくというのは、膨大な時間もかかりますし、根気がいる作業になりますよね。

これらの作業を代行させていただくのが、『Bears On Films』の仕事になります。

 

クライアント様の目的から逆算して、企画提案、撮影、編集、投稿、分析などを行い、スケジュールを組み動画コンテンツを制作していきます。

最新のYouTube動画のトレンドなども日々研究していますので、企業様の事業が発展していくように尽力させていただきたいと考えています。

是非、一度お問い合わせください!

お問い合わせ➡

料金プラン➡

※YouTubeチャンネル運営代行プランは、広島県、岡山県の方限定とさせていただきます。

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事